学校の沿革

明治 8年 官衛の示達により澄川小学校創立
   17年 校舎新築 三出原(蔵の前)
   26年 匹見下尋常小学校と改称
   41年 修業年限が6カ年となる
大正 8年 校舎大修理 奉安殿塗り替え
   10年 澄川尋常高等小学校と改称
   13年 益田索道が開通
   15年 匹見バス開通
昭和 9年 校舎を移転し増改築(田屋ノ原)
   16年 匹見下村澄川国民学校と改称
   22年 匹見下村澄川小学校と改称
   25年 講堂を改築
   30年 匹見村立澄川小学校と改称
   31年 匹見町立澄川小学校と改称
   36年 校歌制定される 電話設置
   40年 鉄骨屋内体育館竣工
   41年 澄川小中学校寄宿舎竣工
   42年 町道澄川線全線開通
   50年 創立100周年記念式典
   55年 プール竣工
   59年 校庭に夜間照明塔設置
   62年 新校舎改築竣工
平成 1年 石谷小学校を統合(石谷小は昭和63年、平成元年度に廃校)
    3年 福祉教育指定〜5年度
    5年 教職員住宅一棟完成
   10年 教職員住宅一棟完成(旧中学校跡地)
   16年 益田市立澄川小学校と改称

校区の概要

 この地域は、国道488号線と高津川の支流である匹見川に点在する山村で、校下には、澄川(持三郎・三出原・長尾原・土井ノ原・能登・谷口)と石谷(内谷《和共・栃原・後谷・中村・上内谷》・内石《内石上・内石下》)の集落がある。全世帯数157戸、人口298人である(2005年4月28日現在)。近年、過疎化と高齢化が著しく、65歳以上の人口比が50%を越えている。地域を囲む主な山に「三子山799.7(石谷)、松尾山796.8m(栃原)、野間山724.8m(澄川)、銚子山655.6m(谷口)」があり、その裾野を流れる豊富な水量は「やまめ」や「あゆ」を育て上水道・稲作・水力発電等に利用されている。遺跡としては、内石地区に「田原古墳」「牛首古墳」、土井の原地区に「叶松城跡」がある。又、県指定天然記念物に栃原の「高野槙」が指定されている。産物では、「米・わさび・しいたけ・なめこ・こんにゃく・ゆず・しし肉・あゆ」等がある。このような自然環境の中で、豊かな生活の営みが見られる。学校は、北緯34度35分・東経132度・標高183m通称「田屋の原」と呼ばれる三出原の台地に位置している。