トップページ > ひきみ紹介

ひきみの位置

匹見町の位置図 匹見町(益田市匹見地域)は、島根県の西南域に位置する益田市の南東部、 広島、山口に県境を接し、西中国山地に位置しています。
東西約17km、南北約18km、総面積は300.08平方kmで、97%を山林で占めています。 県下最高峰の恐羅漢山(標高1,346m)をはじめ、 1,000m級の山々が町を包み込むように連なり、 中国山脈を分水嶺とする町内の河川が集まって匹見川となり、 高津川と合流し日本海へ流れています。 標高も180mから1,346mと急峻な渓谷型の地域で、 わずかな耕地と集落が点在しています。
その反面、豊富な広葉樹林や水と緑と岩々が織りなす渓谷の美しい自然景観は、 西中国山地国定公園内でも一段と輝き、 近年「四季」に装いを変えて自然の観光や登山、釣りなどが人気を集めています。

このページのトップへ

ひきみ紹介

このページのトップへ