トップページ > ひきみ紹介 >ひきみの歩み

ひきみの歩み

昭和30年代昭和40年代昭和50年代昭和60年代平成に入って平成10年代

昭和30年代

昭和30年 2月 匹見上村、匹見下村、道川村3村が合併して匹見村発足
6月 町章制定
10月 国勢調査人口7,550人
昭和31年 4月 町制を施行、匹見町誕生
町行造林の開始
8月 小平、虫ヶ谷集落に電気導入、無点燈集落解消
9月 石谷、三葛にバス運行開始
昭和32年 10月 初の町営住宅(諏訪)竣工
12月 益田農林高校匹見分校新校舎竣工
昭和33年 3月 新町建設基本計画策定
7月 匹見、道川赤谷間バス運行開始
直営道川診療所開設
昭和34年 1月 新町建設基本計画策定
7月 匹見簡易水道竣工
8月 新農村建設計画策定
昭和35年 8月 澄川保育所開設
10月 町道の県道編入(上吉和、匹見線他)
昭和36年 4月 森林開発公団受託造林開始
6月 町道の県道編入(上吉和、匹見線他)
昭和37年 7月 匹見町森林組合発足
10月 町内防犯街灯設置
11月 島根県ワサビ品評会開催
12月 匹見保育所竣工
昭和38年 1月 38年豪雪起る(死者5名)
8月 38年豪雪 農業共済組合町へ移営
昭和39年 4月 町行造林民有林対象採択開始
5月 島根農大赤谷演習林町へ返還
12月 澄川簡易水道竣工

このページのトップへ

昭和40年代

昭和40年 1月 国民健康保険家族7割給付実施
3月 匹見町史編さん
NHKラジオ放送中継所開設
10月 国勢調査人口5,256人(過疎現象問題提起)
昭和41年 2月 匹見町農業協同組合発足
5月 第一次町勢振興基本計画策定
交通安全の町宣言
8月 匹見町音頭作成
昭和42年 7月 島根県ワサビ生産者大会開催
8月 第一次山村振興計画事業開始
交通安全の町宣言
11月 道路愛護作業、日本道路愛護協会から表彰
昭和43年 5月 ホームヘルパー制度発足
8月 第1回お盆成人式挙行
11月 公団造林事業で林野庁長官表彰
昭和44年 1月 匹見峡、西中国山地国定公園に指定
3月 道川簡易水道竣工
4月 島根県造林公社受託造林開始
7月 裏匹見峡 豪雪山村開発総合センター竣工
(匹見タウンホール)
昭和45年 1月 米減反対策協議会発足
6月 老人医療費無料化
7月 第二次町勢振興計画策定、過疎地域振興計画策定
10月 町単敬老年金支給開始
12月 第一次集落移転事業(虫ヶ谷、広見、小平)
昭和46年 3月 農村集団電話、有線放送施設竣工
5月 広域消防救急業務開始
6月 出稼組合創立
11月 造林地 高槻市、匹見町姉妹都市提携調印
町行造林1,500ha達成式典
昭和47年 4月 広域消防匹見分遣所竣工
7月 梅雨前線集中豪雨大災害発生(被害額15億円)
8月 高槻祭に匹見神楽初参加
12月 高槻祭り参加 道川匹見間代行過疎バス運行開始
昭和48年 4月 第2次山村振興計画事業開始
高槻市に匹見の森完工、造林組合大阪府知事から表彰
6月 林業労働安全の町宣言
昭和49年 6月 第2次集落移転事業(芋原、赤谷)
町民海の家ダーチャ匹見竣工
12月 合併20周年、町行造林2,000ha達成記念式典
広瀬簡易水道竣工

このページのトップへ

昭和50年代

昭和50年 4月 過疎地域振興計画策定
12月 町民体育館竣工
昭和51年 10月 一人暮らし老人へ給食サービス開始
昭和52年 2月 電話自動ダイヤル通話開始
11月 わさび田 島根県ワサビ品評会開催
昭和52年 10月 一人暮らし老人へ給食サービス開始
昭和53年 10月 三笠宮寛仁親王殿下来町
中国5県高校登山大会開催
11月 結婚祝金制度発足
昭和54年 1月 第三次町勢振興計画策定
4月 町民憲章制定
町の木、町の花制定
7月 社会福祉協議会法人化
昭和55年 4月 過疎地域振興計画策定
第三期山村振興対策事業開始
合併25周年、町行造林2,500ha達成記念式典
昭和56年 3月 保健センター竣工
4月 道川スクールバス運行
昭和57年 4月 島根県植樹祭当町で開催
10月 第37回国民体育大会、山岳競技当町を主会場に開催
11月 高齢者コミュニティセンター竣工
昭和58年 4月 山村林業構造改善事業計画実施
5月 東京匹見会発足
7月 梅雨前線集中豪雨大災害発生(被害額21億円)
ニュージーランド、ワナカ町と姉妹都市提携調印
11月 益田農林高校匹見分校創立30周年記念式典
昭和59年 6月 ワナカ、匹見町交換留学生制度調印

このページのトップへ

昭和60年代

昭和60年 2月 石谷老人福祉センター竣工
3月 裏匹見峡森林公園施設竣工
過疎地域振興計画策定
4月 統合匹見中学校校舎竣工、スクールバス設置
11月 町民歌制定
昭和61年 4月 杉林 町制施行30周年、町行造林3,000ha達成
統合匹見中学校校舎竣竣工記念式典
齋藤驍育英基金創設(奨学制度発足)
4月
昭和62年 7月 大規模林道波佐阿武線起工
10月 圃場整備俯瞰 県営ほ場整備匹見地区起工
昭和63年 3月 益田農林高校匹見分校廃校
町奨学金交付制度発足
7月 梅雨前線豪雨大災害発生(被害額35億円)
8月 オフトーク通信サービス開始

このページのトップへ

平成に入って

平成元年 7月 林業振興センター、わさびバイオセンター竣工
9月 無火災1,000日記録達成
平成2年 1月 第4次町勢振興計画策定
3月 匹見保育所竣工(移転)
7月 過疎地域活性化計画策定
9月 町民の森制定
平成3年 7月 中央公園部分供用開始
8月 台風19号家屋被害発生
10月 町制施行35周年記念、和又トンネル竣工式典
高槻市匹見町姉妹都市提携20周年記念碑建立
平成4年 3月 主要地方道益田廿日市線国道昇格決定
4月 総合型林業構造改善事業計画実施
10月 匹見峡温泉調査ボーリング開始
平成5年 3月 老人等介護手当支給開始
8月 美濃郡、鹿足郡の農協が合併し、美鹿農業協同組合設立
知事と語るふるさと会議開催
10月 主要地方道六日市匹見線中央バイパス竣工
11月 高槻の森植樹(高槻市制施行50周年記念事業)
県営ほ場道川地区整起工
平成6年 3月 松江地方法務局匹見出張所廃止
5月 国道191号線経由益田広島間定期バス運行開始
9月 匹見中央公園 匹見中央公園竣工
平成7年 4月 過疎地域活性化計画策定
高齢者生活福祉センター「ふれあいの園」竣工
10月 匹見峡温泉やすらぎの湯 匹見峡温泉「やすらぎの湯」竣工
団体営土地改良事業総合整備事業起工(三葛地区)
平成8年 3月 消防活性化センター、広域消防匹見分遣所竣工
4月 バイオわさび育苗センター(ガラス温室溶液育苗プラント)竣工
5月 町制施行、町行造林発足40周年記念式典
10月 新総合行政情報システムスタート
11月 匹見峡紅葉ロードレース 第1回匹見峡紅葉ロードレース大会開催
平成9年 9月 匹見町行財政改善審議会答申
10月 大規模林道波佐阿武線匹見柿木区間開通
11月 島根県わさび振興大会開催
12月 国道488号落合トンネル竣工

このページのトップへ

平成10年代

平成10年 3月 県営農道萩原山根上線竣工
県営林道ハビ内谷線竣工
匹見分遣所高規格救急車運用開始
10月 益田市、美濃郡、鹿足郡の森林組合が合併し高津川森林組合設立
平成11年 3月 美鹿、益田市農協が合併し西いわみ農業協同組合設立
三葛小学校閉校
4月 在宅介護支援センター開設
5月 道川地区多目的集会施設・道川診療所竣工
6月 匹見町簡易水道施設集中監視システム稼動開始
8月 国道488号落合バイパス竣工
10月 消防ポンプ操法大会 匹見町消防団第10次特別検閲
平成12年 3月 匹見峡温泉「やすらぎの湯」増改築工事完了
4月 福祉バス運行開始
連続無火災2000日達成
6月 第五次匹見町振興基本計画策定
夢ファクトリーみささ完成
11月 知事と語る・益田地域シマネスクふるさと会議開催
平成13年 1月 匹見町生活支援センター業務開始
匹見峡温泉「やすらぎの湯」50万人突破
交通事故死者ゼロ2001日達成
4月 特別養護老人ホーム「もみじの里」 特別養護老人ホーム「もみじの里」竣工
10月 町制施行45周年記念式典
高槻市匹見町姉妹都市提携30周年記念レセプション
益田市・美都町・匹見町合併問題研究会設立
平成14年 3月 匹見川で新種の淡水魚「イシドンコ」発見
9月 第1回「わさびカレッジひきみ」開講
益田市・美都町・匹見町任意合併協議会設立
12月 西いわみ農業協同組合匹見支所、購買店舗新築
平成15年 2月 益田市・美都町・匹見町合併協議会設立
5月 グラウンドゴルフ場竣工
9月 第4回全国源流シンポジウム当町で開催
12月 国道488号澄川バイパス竣工
平成16年 3月 匹見町社会福祉協議会設立35周年記念大会
4月 合併調印式 益田市・美都町・匹見町合併協定調印式
益田市・美都町・匹見町の廃置分合に伴う関連議案議会議決
7月 益田市・美都町・匹見町の廃置分合に伴う官報告示
8月 一般県道波佐匹見線(崎田工区)竣工
10月 閉町記念式典

このページのトップへ